【2024】京都で和室がある高級ホテルおすすめ5選。地元民が厳選。

京都で和室がある高級ホテルをお探しではないでしょうか?

京都には様々な高級ホテルがありますが、和室を備えた高級ホテルはあまり数は多くありません。

和室は日本で古来から使われてきた伝統があり、畳のい草の香りや、和の雰囲気に落ち着く人も多いのではないでしょうか?

今回は京都で和室のある高級ホテルに絞り、その中でもおすすめの宿を、地元京都でホテル暮らし経験のある筆者が紹介します!

京都の高級ホテルの和室の魅力

伝統や文化を味わう

和室では、日本の伝統的な建築様式やインテリアデザインを存分に堪能できます。

特に高級ホテルの和室では、上質な畳を使用している場合が多く、畳の香りや和紙の風合い、美しい庭園からの景色など、日本の文化や美意識を感じることができます。

リラックスと癒しの空間

和室は、落ち着いた雰囲気と静寂が味わえる空間が広がります。

畳の上で寝転がったり、緑茶を飲んだりしながら、都会の喧騒から離れてリフレッシュすることができます。

では、具体的に和室がある京都のおすすめ高級ホテルを紹介していきます!

アマン京都

京都最高級クラスのラグジュアリーホテル「アマン京都」。洛北の森の中に佇み、自然や天然温泉、スパで極上の癒し体験が楽しめます。

そんなアマン京都には、26室の部屋があり、そのうちの1つが「芒(すすき)」は、畳の間が広がるテラス付きのスイートルームで、大きな窓からは自然光が差し込み、なんと部屋から苔庭を眺めることができます。

また、鷹ヶ峯パビリオンは高台にある1棟貸切のパビリオンで、和室、2つのエンスイートベッドルーム、リビングルーム、ダイニングルーム、キッチンが備わります。

希望すれば、畳の上に布団を敷いてくれ、最高級のい草の香りに包まれながら、眠りにつくことができますよ。

» 一休.comで詳細を見る

アクセス

 JR京都駅からタクシーで約30分

翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都

嵐山、風光明媚な保津川沿いに佇むラグジュアリーホテル「翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都」。

権威ある米国の旅行誌「コンデナスト・トラベラー」が実施する読者投票「2022年 リーダーズ・チョイス・アワード」の日本のホテル部門で、5年連続1位を獲得するなど、国際的にも評価の高いホテルです。

翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都には、ホテル内唯一の掘り炬燵付き客室「京月琴 プレミアム和室」があるのが魅力。

露天風呂付きのお部屋で、菫色の着物をオマージュした柄の座椅子が置かれ、外には月見台を設置した「月見の庭」もあり、嵐山らしい風情ある空間が演出されています。

アクセス

JR嵯峨野線 「嵯峨嵐山駅」、 阪急 「嵐山駅」 徒歩約15分 

Nazuna 京都 二条城

Nazuna 京都 二条城は、1日5組限定の隠れ家的な高級宿。

茶葉を使ったお茶風呂やスタッフが点てたお抹茶などのおもてなし、全室に露天風呂または半露天風呂がある贅沢な空間が広がります。

コンセプトは「お茶」。客室には「玉露」「抹茶」などの名前が付けられており、茶道体験や着物、舞妓などの「和文化」にふれることができます。

客室は、和室と和洋室のお部屋があり、日本の伝統的な木造建築に現代的なスタイルを取り入れ、全米No. 1ブランドのシモンズ製マットレスや京都・伏見の老舗寝具店の布団を採用しています。

京町家の風情を漂わせる昔ながらの雰囲気でありながらも現代的な感覚も楽しめるホテルです。

アクセス

京都市営地下鉄東西線「二条城前駅」から徒歩5分、京都市営地下鉄烏丸線「丸太町駅」から徒歩8分

Luxury hotel SOWAKA

京都・祇園にあるスモールラグジュアリーホテル「そわか(SOWAKA)」。

本館は築約100年の料亭を改装した数寄屋建築で、大正後期から昭和初期にかけて建てられました。お部屋ごとに欄間や小窓などのデザイン、素材などが異なり、職人の高い技術と遊び心が感じられます。

新館は杉目模様が美しい和モダンな雰囲気で、館内の調度品にあえてアンティークが置かれ、客室同士が接することのないようにゆとりをもってレイアウトされています。

本館のほとんどの客室が畳が敷かれた和室で、専用の庭がついたお部屋や、メゾネットタイプで茶室付きのお部屋など、贅沢な空間に時間を忘れて過ごすことができます。

また、ミシュラン星付きレストランの京都初出店となる日本料理店を併設しており、夕食・朝食でも伝統とモダンの融合を楽しめます。

アクセス

阪急河原町駅から徒歩約14分。京阪祇園四条駅から徒歩約10分。JR京都駅からタクシーで約15分。

The Shinmonzen

京都・東山、祇園白川のほとりに佇むホテル「THE SHINMONZEN」は、京都の古さとモダンが融合したデザインで、自然素材をふんだんに使った開放的な空間が魅力のラグジュアリーホテルです。

安藤忠雄氏とフランス出身のレミ・テシエ氏がデザインを手掛け、客室やパブリックスペースにはダミアン・ハースト、杉本博司、ゲルハルト・リヒターなど、著名な現代美術作家の作品がさりげなく配されており、現代アート好きにもおすすめです。

畳にベッドがある和室が3室あり、和室には、京都の老舗寝具メーカーIWATAのツイン布団ベッドが備わっています。

和と洋が融合したコンテンポラリーな雰囲気に包まれながら、優雅な時間を過ごせるでしょう。

アクセス

地下鉄東西線「三条京阪」駅 2番出口から徒歩6分、京阪本線「祇園四条」駅 8番出口から徒歩5分

京都の和室がある高級ホテルで最高の居心地を味わう。

いかがだったでしょうか。京都には和室を備えた高級ホテルがいくつもあり、その中でもおすすめの宿を紹介しました。

現代的な要素も取り入れ、快適でおしゃれな和室が多いのが特徴的でした。

ぜひ、京都の高級ホテルで和室の居心地の良さを体感してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です